一般社団法人みらい福祉研究所の始めのコンテンツとして、本年4月よりスタートした「介護ビジネスアカデミー」。
第1期生として、講座を受講している、社会福祉法人基弘会 ココナラ巽(たつみ)看護部長 室井様(写真左)と、株式会社エムズ代表取締役の森本様(写真中央)お二方と、当社団代表と、アカデミーについての対談を開催しました。

室井様森本様との対談の様子

代表
今回「一般社団法人みらい福祉研究所」を始めた流れの一つは、名の通り「みらいの福祉」をどう考えていくかというものです。
今後は、経営層限定の座談会や、現場レベルでの実技研修までやっていく場として、現場で活躍されている方が、教える側に立つしくみを作る事を考えています。
また、様々なノウハウをお持ちの方へのブロモーションなどを手掛けたりと、従来の既存概念に捉われず、新たなノウハウや人材の発掘と育成を基本に、多くの介護事業者の橋渡しを行うことを目的に活動する社団です。
その中でこの「介護ビジネスアカデミー」は、みらい福祉研究所が始める、ひとつのチャレンジであり、スタートです。
現在、第1期生として受講頂いていますがお二人は、今回の受講の目的と切っ掛けはなんですか?
森本様
開講前のブレセミナーに参加した際に、これはどこへ行っても学べない、実践に即した講座が始まると認識しました。そして現在、介護におけるビジネスモデルを具体的に学ぶ視点で受講しています。この先々の事を自分たちでどう頑張っていくか、ベクトルを確認する、また、新たなチャレンジをする上での情報収集や学びを深めたい気持ちで受講しています。
代表
実際、受講されてみて如何ですか?
森本様
自己覚知として、とても刺激をもらっています。自分がどういう状況に置かれているのか毎回確認が出来、反省も出来る研修です。毎回的確な課題を出されているので、即座に現場に持ち帰り、情報共有、また指導に活かす事が出来ています。
代表
実際に効果はありましたか?
ちょっと聞くのが怖いですが(笑
森本様
それはもう沢山ありました。まず自分の意識が変わったので、彼ら・リーダーたちの意識と発言力が変わってきました。具体的には会議の持っていき方などが変化しました。
室井様
私の場合は、漠然とどういった形で役職者をやっていったらいいか迷いがあった時に、齋藤先生の話を聞いただけで進むべき道が見えてきたんです。
現在、仕事で求められているものが大きくなってきたため、それに合わせて教えてもらえたらと、リーダーとして非常に期待をし、受講しています。管理職向けの研修に参加する事で、仲間を見る視点が変わってきました。
代表
実際にリーダーとして今回アカデミーを受講してから、試みた事、意識を変えたことはありましたか?
室井様
スタッフとの個人面談の時の話し方が変わりました。まず聴くことからはじめて、その聞いた事に対してひとつずつ解決策を創っていく事と、自分のビジョンをある程度お伝えするようになってきました。
他には、退職を胸に秘めていた方が思い留まってくれたりと、少しずつ結果が出てきたと思います。
代表
他の講座を受けている方からは、どんな感想が聞こえていますか?
森本様
弊社からは3名受講していますが、受講後の各受講生からのフィードバックが、今までに無い価値観や、普通の研修では感じられない刺激を頂き、介護観や視野が広がっているのが伝わります。大変充実した良い時間を頂いています。
また会社の創立5年目となり、新たな事業展開をしている中で、これからの業界を生き抜いていくために…という意識改革が根付いてきているので、このタイミングでの受講は大変価値がありました。

解説者から解決者へ

代表
このアカデミーで、大事にしているのは「解説者ではなく解決者へ」というキーワードです。
森本様
私の一番印象に残っている言葉も、その言葉です。
「信じるな・疑うな・確認しろ」という言葉もとても深く印象的でした。
「知っている」のと「出来る」は違う、という事を意識し、周りに関わるようにしています。
代表

実践で戦える職員をどのくくらい作っていけるかが目的ですが、そのためには単純に介護の事だけではなく、「専門性の考え方」の部分と、接着剤のように「つなげる事」と「情報伝達」が大切です。

介護の問題として現在挙げられているのは、大きな枠で考えていくと、その2つでありますね。 今現在は、経営者・リーダー向けではありますが、今後は現場レベルでの専門性と考え方をどれだけ合わせられるか、
「現場力を高めていく」という視点を持つ講座を、アカデミーでは取り揃えています。そうすると飛躍的に、現場は伸びるはずです。

このアカデミーは、ただ「聴く」だけではなくて、一緒に研究していけるような「バートナー」というイメージであります。ただ聞いてもらうのではなく、一緒に研究してもらう事が全国的に広がり、また現場レベルで作っていけたら、非常に面白いものになっていくのではないかと思います。
ただアカデミーに「受けに来た」のではなく 共に研究員として「同じ志を持った仲間」
という形に変化していきたい。

単なる「スクール」という形ではなく、皆でそれを広げ、介護というものを良くしていけ たら最幸ですね。内容としては一般企業でも通用するものを展開しているアカデミーでありますが、逆に介護の世界が一般業界に向けて、発信出来ていくともっと幅が広がっていくと思います。また、共に、地域がある意味「介護」の視点を持てれば、優しい世の中になっていくのではないかとも考えています。
そこに対する仕掛けについては、また今度お話いたしましょう。
さて、今後介護ビジネスアカデミーや、みらい福祉に関して期待されることはありますか?

森本様
自身が経営者ですので、経営者や事業主がもう少しこういった勉強をすべきだと思います。何故なら「リーダーとは?」と、学ぶうちに、仕組みづくりが不完全だった事に気づけ、「仕組みづくり」の方が大切なのだと分かったからです。今後は「伝える側」になるような勉強の仕方などを吸収したいですし、それそういった事も介護ビジネスアカデミーへは期待しています。
室井様
私からは、大きな視点ではありますが、現在、国家資格である「介護福祉士」さんが介護業務職員」さんになっているのではないかと危惧しています。業務独占ではないにしても、自分たちの仕事はこうだ!と自信をもって、医療者とも対等に話し合っていけるものが出来るようなこれからになっていけると良いと思います。そのような自信に繋がるような講座も期待しています。
また、経験と知識は同じものではない為、常に知識をモデルチェンジしていく介護業界の流れを、敏感に捉える事に特化した講座も開催して頂きたいです。
代表

ありがとうございます。頑張ります!
介護職の方が個々の自信を高めていく為にも歩みを止めないでいきたいと思います。私は心の中が「介護」というものを基軸にしているのは、立場が変わっても今も変わりません。
みらい福祉研究所においても、高齢の方や障害をお持ちの方を守っていく事をまず考えなければいけません。その為にもこの業界を何とかしたいと考えています。
技術・ノウハウを外へ伝えられる人財をどれだけ輩出できるかが、今後のボイントです。
施設職員から講師の輩出をすると、施設全体の成長が早いのは間違いありません。その講師となる方のステージを提供する形で、互いが協力しながら繋がっていければと思います。
それに関わる法人様が皆さんそういった形で動いていければ、介護の世界が変わるのではないか?と考えています。
その様な意識の高い法人様が一つでも増えれば、地道ではあるかもしれませんが、確実に形となり、その先にいるお客様がその輝きに照らされていくのだと思います。

それでは、お二方、貴重なご意見ありがとうございました。
今後とも介護ビジネスアカデミー、みらい福祉研究所を宜しくお願い致します。

株式会社エムズ

通所介護、通所予防介護事業、居宅介護支援事業

私達は通所介護の8時間の活動が、残りの16時間のご本人とご家族の生活にどのように影響を及ぼすかを常に意識しています。
一人ひとりが「通う」目的を持つことで、24時間の生活の中の一部として組み込まれ、落ち着いた生活リズムが形成され、ご本人やご家族が将 来を絶望視せず、「生きる意義・役割」を感じてもらうことが「在宅生活の維持」につながると信じています。

〒981-3212 宮城県仙台市泉区長命ヶ丘5丁目19番11号
TEL:022-777-8243
株式会社エムズ

社会福祉法人 基弘会 ココナラ巽

ココナラ巽では、全方位型リハビリテーションを支える4つの柱として「医療」を中心にリハビリテーションを「通い」「訪問」「短期集中(泊まり)」と環境を設定しています。

〒544-0015 大阪府大阪市生野区巽南3丁目4番25号
TEL:06-6753-2333
FAX:06-6753-2334
社会福祉法人 基弘会 ココナラ巽

  • 個人向けセミナー
  • 法人向けセミナー
  • 定期講座
お問い合わせ
  • コンサルティング
  • レンタルスペース
  • 助成金について

運営:一般社団法人みらい福祉研究所

info@miraicare-lab.or.jp 〒543-0052 大阪市天王寺区大道5-7-4 SKアカデミービル3F
ページ上部へ
電話をかける
電話をかける